グータラ妊婦日記

妊婦の外出は危険がいっぱい!と思いきや敵は実は…!?

外には危険がいっぱい?

こんにちは一秒です。

最近毎朝起きると体の節々が痛いです。

腹が重いので寝返りが打てない→体が固まったまま寝てる→朝起きるとガチガチ!

という悪夢のループ…。産むまで解消されない予感。

臨月になって体の辛さが一気にグレードアップ!早く産みたい!

とはいってもお家の中ではまだのんびりできます。しかしやっぱ外出するとデカ腹の苦労が身に沁みます。

デカ腹の何が辛いかというと…

・歩くのが遅い!距離が歩けない!

・腹が重くてヒザや足首が痛い!

・いつ陣痛が来るかわからないからお外でゆったりできない!

・人の多いところだとお腹を守ることに気を取られて神経が張る

外には危険がいっぱい~!!

外は気を使うことが多い

妊娠前は歩くのが好きで、2時間とか散歩していました。ですが今!

3分歩いて息切れ

しかもインドの牛なみのノロさ。感じる周りからの冷ややかな視線。

スピード=価値の忙しない東京だと、すぐに邪魔者扱いされる時速です…。すまんよすまんよ、好きでノロく歩いてるワケじゃないんだよ…。

特に交通量の多い道路は気を使いますね。以前は余裕で渡れてた横断歩道もノッソノッソ。フツーに渡りきれない!もうちょっと横断時間長くして~!

あとはヒザが痛いっす。

太ってる人が「ヒザがヤヴァイ」とかいうのを聞いて、これまでは「へー」くらいにしか思わなかったんですが。

確かに痛くなるよな!

こんだけ重い体をたった足2本で支えてんだから!てゆうか足4本だったらもうちょい楽なのに!

四足歩行への回帰希望。

とにかく!

お腹が大きいと色々と周りに気を使って行動することが増えるので、外に出るだけで疲れちゃうんですよね。

実際あった辛かったコト

実際に外で大変だったコトや、怖かったコトもありました。

①満員電車で押しつぶされそうになった

たまたま通勤ラッシュの時間帯の電車にのってしまったことが運のツキ。

満員電車は非妊娠時でも辛いけど…。

妊娠中の今は押しつぶされて「漏れ出る!(何が?)」と思い、本当に自分と赤子の命の危機を感じました。

早々に降りて休憩しました。

②迫りくる尿意

映画「ボヘミアンラプソディー」を見に行ったときのこと。せっかくだからど真ん中で見たい!と思い真ん中の席を予約しました。しかし…。

開始20分後 「アレ…なんかおしっこ行きたい」

開始40分後 「間違いない…おしっこ行きたい」

開始1時間後 「行きたい!おしっこ!行きたい!おしっこ~!!!」

開始1時間30分後 「ニョウ」

そっから映画終了までは「クイーンすげえ…トイレ行きたい」の繰り返し思考。めっちゃ疲れました。クイーンへの思いがおしっこにかき消された。これからクイーンの曲を聞くときは尿意を併発するレベル。

映画自体は最高だったんですけどね…。

③ブツブツさんが近くにいた

ブツブツさんとは、お外で独り言を発する方のことです。いえ普段なら気にしないんですが。

先日バスに乗ってたら後ろの人が「……だから……いやそうだけど……マジあり得ない」と独り言を言っていました。

いや本当に別に構わないんですよ?独り言。言うとき私だってあるし。でも…でもね。

公共の乗り物で。しかも背後ポジションとられるとですね。

何故か高まる緊張感!

席移動するか?いやそこまでじゃないだろ。…と悶々としながら結局乗り続けたんですが。

妊娠中はいつも以上に、イレギュラーなことに対しての警戒心が強くなりますね。

ちょっと怖そうだな、とかちょっと不安だなと思う場所には自然と近づかなくなる。危険レーダーがビンビンです。その分些細なことに動揺してしまって、神経が休まらない。

非妊娠時にはこなせたコトが、色々と出来なくなってしまってちょっと辛い最近です。

とはいえこの苦しみもあと1カ月くらいだし、そもそもお腹の赤ちゃんを守れるのは自分だけ!何とかやっていくしかない!

赤ちゃんよ!私が守ってあげるからね!

と思いきや敵は内側にあり!

と素晴らしい母性?を発揮したと思ったら。

突如来る胎動!容赦ない膀胱へのキック!

「ぐおおおおおおおお…っ」

敵は本能寺にあり。ブルータスお前もか。いや違うか?

守ろうとしてた存在から攻撃された!!!

なかなかの衝撃です。映画なら涙なくして見れないシーン。

外からの危険だけでなく、内側からの攻撃にも耐えないといけない。本当に妊娠後期は苦難の連続です。

この苦しみの果てに何があるのか…。ゴールは目前!負けるな私!!!!

と今日もガシガシ蹴られながら必死に生きています。

赤子よ…蹴るのはいいがせめて膀胱以外にしておくれ…